読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドッペル原画展

愉快


今年の春、一方通行の長くて広い道を
自分だけが一人逆走している風景を見る
逆走を辞められない事に恐れながらも
警察のいないその空間で
自分が捕まることは決して無かった

「2015/4/14

 正しい方向へ歩く人間が
 自分の横を過ぎる時だけ
 スマートフォンから視線をずらし
 イヤホンを外しながら
 僕の顔を無表情で眺めるのが怖い」

と日記に書いてあるのを見る
不安になって日記を閉じて
Twitterをする、
日記と同じ事をツイートしたら
10000リツイートされて炎上した
意味が分からなくなってTwitterを辞めた

やる事が無くなり毎日逆走を続けていたら
いつのまにか正しい人間は、
逆走する人間を、
眺めるだけでは気が治まらなくなった様で
すれ違いざまに針を刺してくるようになった
針を刺される感覚が気持良くて
逆走するのがもう絶対に辞められなくなった

夏が来て、
体は針だらけで壊れそうになる
一体自分は何故この道を
進んでいるのだろうかと考えるようになった

道を進んでも進んでも何も見えず
聞こえるのは奇妙な笑い声と
聞きたくもない暴論だけだった

気持ち良い感覚は既に麻痺し
刺された部分からは
腐敗した自分の内肉が崩れていて
針の先には毒が塗られていた事に気付く

自分とは反対方向に進む人間が
日に日に増え
人混みによる圧迫死を考えていたら
眼球を針で刺された
最後に見た針の先端の奥に映る顔が
自分が以前生きた胎内の持ち主だった


今年の秋の事はあまり思い出せない
今年の冬の事もあまり思い出せない

今年一年について振り返ることが出来ない

それはまるで道の途中、
正しい人がすれ違いざまに自分の耳元で
何か囁くように言葉を零した時
咄嗟に振り向く様な瞬発力、
あるいは零した言葉に対する興味、
関心、意欲、好奇心、
そういう物の衰えと同じ事である様に思える

眼球を刺されてからずっと
向こう側から来る人間が
すれ違う度に何か囁く

咄嗟に振り返り
言葉を追いかけ道を引き返せば
今迄とは違う方向に進みながら
誰かに針を刺してしまいそうで怖かった

言葉と道連れになる事が
自分にとっては何よりも不幸で
言葉を追いかけても追いかけても
何故か絶対に、
追い付けないような気がした



  ー罠の様に小さく囁かれる言葉について